2013年02月17日

コンタクトレンズのレンズケア

コンタクトレンズのレンズケア(お手入れ)って面倒?

結論から言うと、昔に比べて、レンズケアはとっても簡単になったようです。
昔はソフトコンタクトレンズは、毎日外した後、煮沸消毒しなければいけなくて、とっても面倒でした。

今は、ワンデーコンタクト(1日使い捨て用)は、外したら捨てるのでお手入れは全く必要あません。
2week(2週間使い捨て)コンタクトや1ヶ月使い捨てコンタクトは毎日のレンズケア(お手入れが必要です。)
が、今は薬剤で消毒するのが一般的でとっても簡単になりました。

簡単なソフトコンタクトレンズお手入れ方法

レンズケアには大きく分けて2種類の方法があります。

A…こすり洗い後、保存液につけておく。

B…薬剤にそのままつけておくだけ。

Aは価格は安いですが、毎回外したあと、きれいに洗った手のひらの上で、30回くらい指でゴシゴシとこすり洗いをした後、液につけて保存するタイプ。

Bは、専用ケースにコンタクトを入れ、洗浄剤と中和剤を入れ、15分〜6時間(ケア商品によってつけておく時間は違う)漬けておくだけ。簡単で、かつ、こちらの方がしっかりきれいにできると、お店の人はBタイプをすすめてくれました。ただし、価格はAタイプより高くなります。

娘は面倒くさがりなので、Bタイプの「ワンステップ」(6時間漬けるタイプ)を購入。
お手入れは本当に楽そうです。
お店の人に「6時間以内にコンタクトをつけちゃうと、メッチャメチャ目に滲みるから、絶対6時間以上は漬けておくこと」と脅されて?きたのでしっかりとまもっているようですよ。

ちなみにAタイプで水道水でこすり洗いや洗浄はダメです!
詳しくは次ページで。



posted by ふみ at 07:37 | レンズケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。